WEB戦略

企業経営におけるWEB活用の重要性が、わずか数年で急速に高まり、その手段も多様化しているのはいるのは周知の通りです。

かつてはWEBの活用といえば、会社案内的な内容のサイトを保有し、SEOによって適度に目立たせておく、その程度で完結していたものでした。しかし現在では企業サイトそのもののクオリティが問われることはもちろん、フェイスブックなどソーシャルメディアの拡大により、一方的な情報発信にとどまらない、WEB上でユーザーとの新しいコミュニケーションを展開することも重要となっています。

WEBは企業や組織における目的達成のために有効に利用できる1つの手段であり、方法となっています。このため、戦略をもってもって展開することが成功のポイントとなります。

アイウィルではご要望や目的に応じた、多角的なWEB戦略をワンストップでご提案いたします。

オウンドメディア(自社サイト)の展開

オウンドメディア(自社サイト、本サイト)はWEB展開の基本となる部分です。伝えたい内容そのままを、見せ方も自在に掲載することができるのがオウンドメディアです。まずは軸となるオウンドメディアの充実がWEB戦略の第一歩となります。

今後は、ソーシャルメディア(アーンドメディア)との連携はますます重視され、オウンドメディアのソーシャル化など新しい展開も増えてくることが予想されます。また、スマートフォンやタブレットなど、多様なデバイス(端末機器)からのアクセス増加にどう対応するかということも、すでに喫緊の課題となっています。

アイウィルでは、将来起こりうるさまざまなWEB展開を見据え、マルチデバイス対応の「RWD」仕様や、柔軟な情報更新が行える「CMS・tucle」の効果的な導入など、時代の変化に対応する生きたサイトとして、オウンドメディアの制作を行っています。

ソーシャルメディア(アーンドメディア)

TwitterやFacebookのユーザー数はこの3年ほどで激増し、さらに新しいメディアも次々と登場、ユーザー数を増やしており、もはや企業経営においてソーシャルメディアの活用は無視できない状況になりました。しかし「具体的にどう展開すればいいのかよくわからない」という 声も多く聞かれます。

アイウィルでは、企業・組織の形態に応じたメディアの選択からアカウントの設置、ページの制作、そして運用のサポートからガイドライン作成までを、トータルにご提案いたします。

広告

Googleのアドワーズ広告、Yahooプロモーション広告(Yahooリスティング)といった、検索エンジン連動型の広告は、WEB上でターゲットユーザーの自社サイトへの誘導率を効果的に高めることが可能です。

また、Facebook上では、公開されているユーザーのプロフィールにもとづいて、年齢・性別・居住地・出身校など、より細かなターゲットを抽出して広告を表示することが可能です。

予算設定や広告表示タイミングなどがほぼ任意に行えるこれらのWEB広告を活用し、サイトと連動させることにより、集客率を高めることが可能となります。

これらの広告のご提案・運営代行も行っておりますのでご相談ください。

アイウィルに問い合わせをする

Page Topへ